スイスの湖を巡るじてんしゃの旅(1)準備編 サイクリングウェア


2016年10月、4度目となるスイス自転車の旅に出かけます。今回走るのは、ナショナルルート9号の「スイス・レイクスルート」。まずは、旅の準備編から。





スイス・レイクスルート

最初に「スイス・レイクスルート」の紹介をすこし。走行ルートはこのあと詳しく紹介するので概要から。

「スイス・レイクスルート」は、ドイツ、オーストリア、スイスの国境に位置するボーデン湖からフランスとの国境に位置するレマン湖まで、大小10の湖を通過し、アルプスとアルプス山麓を縫って走る全長505kmの長距離ルート。スイスのサイクリングルートでは、ナショナルルート9号に設定されていて、スイス政府観光局のサイトでは「絵葉書のような景色を旅できる」と紹介されている。

ナショナルルート9号の詳しい情報はこちら(英語サイト)

クリックで拡大します
クリックで拡大します

サイクリングウェア

今回の旅程は、10月17日〜27日と、スイスでは秋というより冬が始まる季節。現地の天気予報サイトによると、最高気温は13〜15度、最低気温は6〜8度と、日本の東京で言えば12月頃の気温。サイクリングウェアは冬用となります。

スイスは3度行ってますが、毎回、ウェア選びでは失敗しているので、今度はレイヤリング仕様としましました。

左上から時計回りに、GOREウインドブレイクロングビブタイツ、GOREウインドブレーカー、RAPHAウインタージャージ(ロングスリーブ)、RAPHAメリノウールソックス、RAPHAキャップ、モンベル抗菌メリノTシャツ、CRAFTウインドブレイク・ロングスリーブインナー、RAPHAメリノウールジャージ(ショートスリーブ)×2、RAPHA 3/4ビブタイツ
左上から時計回りに、GOREウインドブレイクロングビブタイツ、GOREウインドブレーカー、RAPHAウインタージャージ(ロングスリーブ)、RAPHAメリノウールソックス、RAPHAキャップ、モンベル抗菌メリノTシャツ、CRAFTウインドブレイク・ロングスリーブインナー、RAPHAメリノウールジャージ(ショートスリーブ)×2、RAPHA 3/4ビブタイツ

その他、雨にも対応した小物やレインウェアなど。

左上から時計回りに、モンベル・防水グローブ、カステリ・ウインターグローブ、GIROグローブ(ロングフィンガー)、GIROグローブ(ショートフィンガー)、モンベルネックウォーマー、ヘルメット、シューズ、GOREシューズカバー、モンベル・レインシューズカバー、モンベルULウィンドブレーカー、モンベルULウィンドパンツ、モンベル・トレントフライヤージャケット、モンベル・プラズマ1000 ダウンジャケット、モンベル・スーパーストレッチ サイクルレイン パンツ、真ん中はRAPHAアームウォーマー
左上から時計回りに、モンベル・防水グローブ、カステリ・ウインターグローブ、GIROグローブ(ロングフィンガー)、GIROグローブ(ショートフィンガー)、モンベルネックウォーマー、ヘルメット、シューズ、GOREシューズカバー、モンベル・レインシューズカバー、モンベルULウィンドブレーカー、モンベルULウィンドパンツ、モンベル・トレントフライヤージャケット、モンベル・プラズマ1000 ダウンジャケット、モンベル・スーパーストレッチ サイクルレイン パンツ、真ん中はRAPHAアームウォーマー

次回は自転車まわりの装備品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です