都心のイルミネーションをめぐるナイトライド 2017年度版


2008年12月から始まったこのナイトライドも今年で10回目。クリスマスを前に、東京都心のさまざまな場所に設置されるイルミネーションを自転車で見に行って、ゴール後は忘年会でもしよう、という仲間だけのプライベートイベント。2017年は、有楽町からスタート!。





2017年のルート

設定したコースは下記の通り。


出走前のトラブル

自転車通勤もしなくなり、登場回数がめっきり減った愛BD-1。年に数回の晴れ舞台なので、変速機、ブレーキ、タイヤのチェック。チェーンへのオイル補充など出走前に念入りにメンテナンス。

細部をチェックしていると、フロントフォークに見慣れないヘアーラインを発見。なんと、破断しているよう。破断箇所を広げるように力を加えると、隙間が大きくなったので完全な破断でした。17年間も使ったのでいつかは、と思っていましたが、この大事な日にとは。。。

今すぐに走行不可能になる状態ではなさそうだったので、この日は出走することに。メンテナンス最後の仕上げはフレームの研磨。Wakosのメタルコンパウンドで磨いた後に、MothersのMag&Aluminiumで仕上げると、スパンコールのドレスを纏ったようにBD-1が美しく輝きました。有終の美を飾りましょう。


丸の内イルミネーション2017

集合場所のペニンシュラ東京を17時半頃出発。最初のイルミネーションは、丸の内仲通り。さすが丸の内、気品がありました。


ヒカリミチ2017 未来を照らす花

丸の内の次は銀座。2017年のテーマは「未来を照らす花」とのこと。なんでもフランスのアーティストによるアートなイルミネーションなんだそうで、オフィシャルサイトの説明によると、

沿道沿い60本の街路灯に吊り下げる“光の花かご”は、“光のアーティスト”として国際的に活躍しているフランスのクリエーションスタジオ“PITAYA(ピタヤ)”によるものです。
直径約1m。素材は太陽光にも様々な色に反射するホログラフィック素材を使用しているため、日中でもきらびやかな光彩を放ち続け、夜間は暖色系の白色の光彩で頭上から沿道を照らします。

だそうです。画像はGinza Sixの飾り付けですが。


レインボーブリッジ スペシャルライトアップ

銀座の次は芝浦ふ頭から見るレインボーブリッジ。こちらは例年通り、「レインボー」のイルミネーションの演出でした。間近で見るとサイズが大きいので圧倒されます。


東京タワー クリスマス・ライトダウンストーリー

レインボーブリッジの次は三田から見る東京タワー。”恋の伝説”をモチーフにした「クリスマス・ライトダウンストーリー」を観覧予定でしたが、時間が合わず、ライトアップされただけの東京タワーを見ました。まぁ、”恋の伝説”とか無縁なのでいいんですけどw


Winter Illuminations 2017 Bacarrat Eternal Lights

東京タワーの次は恵比寿。恵比寿ガーデンプレイスでバカラがやってる”シャンデリアのイルミネーション”です。イルミネーションの画像がなくてすみません。


NAKAMEGURO JEWEL DOME 2017

恵比寿の次は中目黒。こちらは2016年に登場したイルミネーション。オフィシャルサイトの説明によると

春のように華やかな冬のイルミネーション。多くの人で賑わう目黒川沿いの桜並木で大人から子供まで楽しめるイルミネーション。沿道を彩る輝く桜の木々が道行く人を温めます。

とのことでしたが、このあたりで参加者の寒さがマックスとなりはじめます。コースをショートカットして忘年会会場へ急いだらどうかとの案が囁かれ始めましたが、とりあえず六本木へ向かいます。

#ラストライド #イルミネーションめぐり #イルミネーション2017 #ナイトライド

jitenshazanmaiさん(@jitenshazanmai)がシェアした投稿 –


ミッドタウン スターライトガーデン

最後は六本木。結局、あまりの寒さ故、けやき坂のイルミネーションはパスしてミッドタウンへ。このミッドタウン スターライトガーデン、期間中に7つの日替わりの演出で異なるイルミネーションを楽しめるという、豪華なもの。さすがミッドタウン!


2017年の忘年会

ライド後は、魚真 乃木坂店で忘年会。お魚と日本酒を楽しみました。もちろん、全員、電車で輪行して帰路に向かいました。SNSで全員の帰宅を確認して2017年のライドを終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です