続輪栗毛〈旧中山道 草津宿〜関ヶ原宿〉

弥次さん喜多さんが、江戸から伊勢まで徒歩で旅する道中を描いた、江戸時代の滑稽本『東海道中膝栗毛』。当時、庶民の間でお伊勢参りがブームとなり大勢の人が伊勢を訪れ、この本はたちまちベストセラーとなりました。そして次々と続編が出版され、その中で、京都から江戸までの中山道の旅を描いたのが、『続膝栗毛』です。
本記事は、弥次さん喜多さんが歩いた中山道を、私と相棒の自転車が辿った記録となります。タイトルの『続輪栗毛』は原作をもじったもの。「膝栗毛」とは、自分の膝を馬(栗毛色の馬)の代わりに使う徒歩旅行という意味なんですが、膝の部分を自転車の「車輪=輪」に置き換えて自転車旅行としてみました。第一章は、草津宿から始まります。

続きを読む 続輪栗毛〈旧中山道 草津宿〜関ヶ原宿〉

名栗ツーリング(山伏峠〜正丸峠〜刈場坂峠)

暑かった残暑が過ぎ、季節は10月に入ってようやく自転車のシーズンが到来。12日は名栗に行ってきました。
続きを読む 名栗ツーリング(山伏峠〜正丸峠〜刈場坂峠)

秋葉街道(2)大鹿村〜遠山郷

秋葉街道2日目は大鹿村からスタートして地蔵峠・しらびそ峠を越えて、遠山郷がゴール。行程は距離50km、獲得標高1400mと、アキレス腱の調子がイマイチな自分が余裕を持って走りきれる設定としました。
続きを読む 秋葉街道(2)大鹿村〜遠山郷

秋葉街道 (1)茅野〜大鹿村

休暇を利用して秋葉街道に行ってきました。秋葉街道は一度訪れてみたかった道。この夏、まとまって休暇が取れたので行ってみることにしました。その1は茅野から杖付(つえつき)峠、分杭(ぶんぐい)峠を越えて大鹿村までの行程です。

06:05 中央線高尾駅
06:05AM@高尾駅

続きを読む 秋葉街道 (1)茅野〜大鹿村