新緑あざやかな房総半島をサイクリング 国道410号線で白浜へ

ゴールデンウィークは房総半島の木更津から白浜まで縦断。新緑あざやかな半島をサイクリングしました。

国道410号線は房総半島の背骨の道とも称され、海岸沿いから山間部を縦貫する道だ。山間部などでは、道が狭く国道というより林道のようなところもあるが、道路は滑らかで走りやすい。アップダウンが多いので自転車で走るには少々の体力を要するが、のんびり走ればその起伏がかえって楽しい。ゴールデンウィーク初日ではあったが、交通量も少なくのんびりと走ることができた。

続きを読む 新緑あざやかな房総半島をサイクリング 国道410号線で白浜へ