鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(5)高島貨物線(横浜臨港線・山下埠頭線)

鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(5)は、東京を離れ、神奈川県横浜市にある高島貨物線(横浜臨港線・山下埠頭線)を訪ねた。

続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(5)高島貨物線(横浜臨港線・山下埠頭線)

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(4)東京兵器補給廠線

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(4)は、赤羽にある軍用貨物の線路跡、東京兵器補給廠線跡。(2021/04/10)

続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(4)東京兵器補給廠線

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(3)武蔵野競技場線

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(3)は武蔵野市にある武蔵野競技場線(2021/04/03)

続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(3)武蔵野競技場線

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(2)北王子線・須賀線

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(2)は、北区にある北王子線(2021/01/04)

続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(2)北王子線・須賀線

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(1)東京都港湾局専用線

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(1)は、東京都港湾局専用線(2020/12/13)

続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(1)東京都港湾局専用線

バイクフライデーで五能線じてんしゃ旅(3)男鹿半島 おが潮風街道

一度は乗ってみたいローカル線として鉄道ファンには有名な「五能線」。車窓から日本海の絶景を眺めることができる鉄道として人気があります。その五能線に乗って青森から秋田にかけて、じてんしゃ旅をしてきました。(3)は、男鹿半島を反時計に周った記録(2019/07/15)

続きを読む バイクフライデーで五能線じてんしゃ旅(3)男鹿半島 おが潮風街道

バイクフライデーで五能線じてんしゃ旅(2)絶景の日本海を鉄道輪行(撮影ポイント紹介マップ付き)

一度は乗ってみたいローカル線として鉄道ファンには有名な「五能線」。車窓から日本海の絶景を眺めることができる鉄道として人気があります。その五能線に乗って青森から秋田にかけて、じてんしゃ旅をしてきました。(2)は、鰺ヶ沢〜男鹿半島の記録(2019/07/14)

続きを読む バイクフライデーで五能線じてんしゃ旅(2)絶景の日本海を鉄道輪行(撮影ポイント紹介マップ付き)

バイクフライデーで五能線じてんしゃ旅(1)新青森〜鰺ヶ沢

一度は乗ってみたいローカル線として鉄道ファンには有名な「五能線」。車窓から日本海の絶景を眺めることができる鉄道として人気があります。その五能線に乗って青森から秋田にかけて、じてんしゃ旅をしてきました。(1)は、新青森〜鰺ヶ沢の記録(2019/07/13)

続きを読む バイクフライデーで五能線じてんしゃ旅(1)新青森〜鰺ヶ沢

岡山県赤磐市軽部にある酒蔵を訪ねた

幻の酒米「軽部産の雄町米」を復活させ、岡山県赤磐市の水と気候で日本酒を醸す酒蔵、利守酒造。「オマチスト」という言葉まで生んだ備前の酒「酒一筋」の蔵元を自転車で訪ねた。(2018/09/22)

続きを読む 岡山県赤磐市軽部にある酒蔵を訪ねた

大井川鉄道のSLと並走するライド 92km 1613m

ニャロメさんという自転車乗りがいて、以前こんなライドをしていた。奥大井を徘徊して、大井川鉄道のSL列車と並走するという自転車ひとり旅だ。SL列車が見られて、しかも並走できる区間があるんだ。へぇ~、ということで真似して行ってきました(笑)
slride_00

続きを読む 大井川鉄道のSLと並走するライド 92km 1613m