鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(6)西武鉄道 安比奈線

鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(6)は、埼玉県川越市にある西武鉄道安比奈線。古い線路施設を辿れる廃線として、鉄道ファンのあいだで知られている。今回はシクロクロスバイクのIndependent Fabrication… 続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(6)西武鉄道 安比奈線

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(4)東京兵器補給廠線

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(4)は、赤羽にある軍用貨物の線路跡、東京兵… 続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(4)東京兵器補給廠線

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(3)武蔵野競技場線

立派な桜の並木が続く

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(3)は武蔵野市にある武蔵野競技場線(202… 続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(3)武蔵野競技場線

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(2)北王子線・須賀線

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(2)は、北区にある北王子線(2021/01… 続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(2)北王子線・須賀線

鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(1)東京都港湾局専用線

私の住む東京には、営業距離、利用客数世界一を誇る鉄道網が整備されている。そして、その影で役目を終えて無くなってしまった路線もある。都内に残る鉄道の遺構をじてんしゃで巡るシリーズ(1)は、東京都港湾局専用線(2020/12… 続きを読む 鉄道遺構を巡るじてんしゃの旅(1)東京都港湾局専用線

岡山県赤磐市軽部にある酒蔵を訪ねた

雄町米の水田

幻の酒米「軽部産の雄町米」を復活させ、岡山県赤磐市の水と気候で日本酒を醸す酒蔵、利守酒造。「オマチスト」という言葉まで生んだ備前の酒「酒一筋」の蔵元を自転車で訪ねた。(2018/09/22)