スイスを1400km移動!「スイス・鉄道と自転車の旅」

2010年秋に、スイスを鉄道と自転車で旅をした記録を紹介します。これからスイスを自転車で走ってみたい、という人の参考になればと思います。

スイスは、スイスモビリティというプログラムを国家で実施しています。これは、「人力で移動するハイキング、サイクリング、カヌーなどのアクティビティを自由に組み合わせてスイスを楽しもう」というスイスならではの新しい旅のスタイル。詳しくはこちら(英語サイト)

赤いラインが自転車 白いラインが鉄道 細い白いラインがスイス国境
赤いラインが自転車 白いラインが鉄道 細い白いラインがスイス国境

Youtube再生リスト「スイス 鉄道と自転車の旅」

DAY2:(1)ベルニナ峠編 8分54秒
DAY2:(2)世界遺産ベルニナ線 編 6分03秒
DAY3:(1)サンモリッツ〜ツージス編 9分59秒
DAY3:(2)バス・列車でベリンゾーナ、ルガーノへ 編 4分21秒
DAY4:(1)ベリンツォーナの古城巡り 3分16秒
DAY4:(2)いよいよツェルマット 編 8分39秒
DAY5:(1) マッターホルンの頂へ 4分12秒
DAY5:(2)フィスプまでダウンヒル 編 8分16秒
DAY6:(1)ローザンヌまで130kmのロングライド 編 7分21秒
DAY6 :(2)世界遺産・ラヴォーのブドウ畑を走る 4分57秒
DAY7 時計の街 ラショードフォンへ 8分24秒
DAY8:(1)峠を越えてベルンへ 7分48秒
DAY8:(2) ラストライド ベルンへ 4分37秒

ブログ記事
スイス鉄道と自転車の旅

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY8:その2 ラストライド ベルンへ

スイス8日目はラショードフォンからベルンへ移動。途中、標高差300mの峠を越えると霧のヌシャテル湖が現れた。その後はインス、そしてベルンへ。その2はベルンまでの35kmの走行を収録。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY8:その1 峠を越えベルンへ

スイス8日目はラショードフォンからベルンへ移動。途中、標高差300mの峠を越えると霧のヌシャテル湖が現れた。その後はインス、そしてベルンへ。その1はインスまでの60kmの走行を収録。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY7:時計の街ラショードフォンへ

スイス7日目はローザンヌからラショードフォンへ移動。イヴェルドンまでは、緑の丘陵地帯をサイクリングルートNo.22で走行した。その後はラショードフォンへは鉄道で輪行。走行距離50km

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY6:その2 世界遺産・ラヴォーのブドウ畑

スイス6日目はツェルマットからローザンヌへ移動。シエレまで鉄道で輪行し、あとはナショナルルート1号という名のサイクリングロードで130km自転車で走行した。その2は、ローザンヌ湖畔・ラヴォーのブドウ畑の走行を収録。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY6:その1 ローザンヌへ130kmのロングライド

スイス6日目はツェルマットからローザンヌへ移動。シエレまで鉄道で輪行し、あとはナショナルルート1号という名のサイクリングロードで130km自転車で走行した。その1は、ローザンヌ湖畔までの95kmの走行を収録。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY5:その2 フィスプまでダウンヒル

スイス5日目の午前中はツェルマットからゴルナーグラードへ移動して、標高3,110mのマッターホルンを訪れハイキングをしました。午後は、ツェルマットからフィスプまで40kmのダウンヒルを楽しんだ。その2は、フィスプまでのダウンヒル走行(40km)を収録。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY5:その1 マッターホルンの頂へ

スイス5日目の午前中はツェルマットからゴルナーグラードへ移動して、標高3,110mのマッターホルンを訪れハイキングをしました。午後は、ツェルマットからフィスプまで40kmのダウンヒルを楽しんだ。その1は、マッターホルンのモルゲンロート(朝焼け)を収録。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY4:その2 いよいよツェルマット

スイス4日目はルガーノからツェルマットまで約200kmの移動。その2はベリンツォーナからツェルマットまでを収録。

関連記事はこちら

ムービー【スイス 鉄道と自転車の旅】DAY4:その1ベリンツォーナの古城巡り

スイス4日目はルガーノからツェルマットまで約200kmの移動。その1はルガーノからベリンツォーナまでを収録。

関連記事はこちら