2014年、猛暑日の小仏峠と日影沢林道に行く


2014年7月27日、全国で1,080人が熱中症で救急搬送されるほど猛暑だった日に、涼しさを求めて小仏峠と日影沢林道に行ってきました。

小仏峠は、中央高速道路の小仏トンネルの上にあり、交通渋滞のニュースなどで名前は聞いたことはあるけれど、どんなところかは知らない。よく訪れる和田峠の近くらしいので、日曜日に早起きして出かけてみた。

街道にあった水場。冷たい水が美味しかった
街道にあった水場。冷たい水が美味しかった




小仏峠と日影沢林道は、高尾山・陣馬山などの周辺の山々を巡るハイキングコースの要所となっている場所。京王線で輪行して高尾駅で下車してみると、たくさんのハイカーがいた。

高尾駅を出発して国道20号を西に数百メートル走り、西浅川信号を右折すると、いきなり静かな街道のような道になる。

hikagesawa_02

その昔、小仏峠は甲斐国と武蔵国を結ぶ要路だったらしく、関所も置かれていたようだ。しかし、勾配が急で車道化が困難であったため、1888年(明治21年)に当時の国道16号(現在の国道20号)は大垂水峠を経由するルートへ変更され、小仏峠を通る通行者は激減したようだ。だから、国道20号のような賑やかさはなくひっそりとしてる。

小仏峠へのアプローチ
小仏峠へのアプローチ

自転車でどこまで走っていけるのかわからなかったが、このひっそりとした道をゆっくりと上がっていく。

大きな石がゴロゴロ
大きな石がゴロゴロ

路線バスの停留所があるあたりまでは、アスファルトのなめらかな道を走れたが、道は登山道のような様相になっていき、やがて大きな石がゴロゴロとするダート道になってしまった。

25Cのチューブレスタイヤの空気圧を下げ、全身の力を使ってゆっくりと漕いで上ってみたが、勾配がきつくなりバランスが保てなくなってしまったので、自転車を降りて歩くことにした。

hikagesawa_05

登山道を自転車を押して歩いていると、ハイカーの人たちが驚いて「どこまで行くんですか?」と、声をかけてきます。「小仏峠まで行ってみようと思います」と応えると、「もうすぐですね、頑張ってください」と言ってくれた。

無理w
無理w

ダートになったところから、峠まで1kmちょっとしか無いはずなんだけど、なかなか着きません。徒歩だと峠道はこれほど時間がかかるものなのかと、思いました。

普通に登山道です
普通に登山道です

高尾駅から走りと歩きを含め約7kmほど移動して、小仏峠に着きました。ここからさらに100mほど上ったところに、茶屋があり(いまは廃墟)、その先に日影沢林道と接道しているらしかった。進んでみようと思ったが、登山道を自転車を押して歩くのがもう嫌だったので、下山することにした。下りも押して歩いたんですがw

小仏峠(548m)
小仏峠(548m)

小仏峠です
涼しかった小仏峠

苦労して歩いて上った道をくだり、日影沢林道の入り口にさしかかりました。下ってくる途中にハイカーの人から仕入れた「日影沢林道は自転車で快適に走れる」という情報が気になり、上ってみることにしました。

日影沢林道
日影沢林道

確かに、道は踏みならされた硬いダートと、傷んではいるがアスファルトの道だったので、自転車に乗って上って行くことはできた。しかし、終始10%以上の勾配で、場所によっては15%〜20%ぐらいあって、結局、脚を着いて歩いてしまいました。。。

hikagesawa_11

名前の通り、日影の多い道だったので、日向を走るよりは涼しかったように思いますが、心拍数が150にもなる運動をしていると汗が滝のように流れ出る。

hikagesawa_19

標高600メートルあたりで日影がなくなり勾配もきつくなってきて、もうダメか。。。

やばい。。。
やばい。。。

と思ったところで、なんとかピークに到着。ピークは、さわやかな風が吹いていて気持ちよかったな。でも、猛暑日に来ちゃいけないところだったかもしれない。

日影沢林道のピークからの眺望
日影沢林道のピークからの眺望

hikagesawa_14

下りは歩くことはなかったが、道が悪くて手首が痛くなった。やはり、タイヤはシクロクロス用のものでないとダメみたい。

hikagesawa_15

下った先に「ふじだな」という喫茶店があったので飛び込んだ。冷たいアイスコーヒーと、水を3杯いただいた。ふだんコーヒーは飲まないが、この日いただいたアイスコーヒーは格別美味しかった!

左が小仏峠、右が日影沢林道
左が小仏峠、右が日影沢林道

上が小仏峠、下が日影沢林道
上が小仏峠、下が日影沢林道


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です