駅伝走者を応援するために国道1号の最高地点へ

国道一号線 最高標高点
国道一号線 最高標高点

箱根駅伝の4区を走った帝京・竹本くんの応援のために箱根の頂上まで行って来た。

竹本くんは甥の友達。帰省していた妹夫婦が是非応援したい!ということでご案内した。妹と義弟と私の3人で新年の箱根を上った。

平塚をスタートして箱根・国道1号線の最高標高点へ
平塚をスタートして箱根・国道1号線の最高標高点へ

9時少し前に平塚の実家をスタート。交通量の少ない国道1号線をのんびりと走る。この日は気温が高くてとても走りやすく、また空気が乾燥してたので富士山がクッキリ見えた。

妹は元トライアスリートなので平塚〜箱根間を自転車で走るのは朝飯前。ところが義弟はロードバイクを購入したばかりで上りが苦手だという。箱根を上るのは無理かなぁ、なんて考えながら小田原に向かう。

国道1号線を走る
国道1号線を走る

小田原に着くと妹は上る気満々。それならば、ということでゆっくりと箱根路を上り始める。

hakoneekiden_2014_04

しかし義弟は勾配が緩い新道でも辛いらしく、休憩を取りながらの走行だったので私もお付き合いした。

400mほど上ったところで、Team.S.S.Rのnanさんとakiくんと遭遇。駅伝スタート地点の大手町から走者の前を逃げてきた自転車乗りたちが、ついに来たか!と緊張が走りる。ここで義弟をおいて、妹と頂上を目指して上り始める。

沿道の応援の人達が徐々に増え、彼らが手にするラジオから、走者が小田原中継所を通過している様子が実況されていた。箱根駅伝の走者に追いかけられる。箱根駅伝を応援するために自転車に乗っているだけなのに、まるで自分が箱根駅伝に参加しているようなドキドキ感を味わえる。

国道一号線 最高標高点
国道一号線 最高標高点

12時過ぎ、無事、最高地点に到達。

駅伝走者を待ち構える。例年なら寒くてじっとして居られないくらいの寒さなのに、この年はポカポカ。

hakoneekiden_2014_07

Team.S.S.Rのメンバーやなにあそのメンバー、陽ちゃんや河田さんにもお会いでき新年のご挨拶。ずいぶん遅れてmasaさんが到着。masaさんにもご挨拶した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です