スイス・アルペンパノラマルートを行く(5)チューリッヒで準備


2014年6月、自転車でスイスを旅行しました。「スイス・アルペンパノラマルートを行く」では、その準備から旅行の記録を掲載しています。第5回目はチューリッヒでのツーリングの準備の話です。

■スイス・チューリッヒ空港

2014年6月6日、成田を出発して13時間の空の旅を経て、ようやくスイスの玄関口であるチューリッヒ空港に到着しました。スイスに降り立っての第一印象は「暑いっ!!!」でした。飛行機のタラップに出た時に感じたこの暑さが、この後、我々をあんなに苦しることになるとは、この時には想像もできませんでした。

day0_01

空港でまずしたことは、自転車の開梱。パッキングされたバイクを持ち運びやすいように梱包し直します。

day0_02

僕は、このような簡単な梱包だったので僅かな時間で作業完了。

day0_03

一緒に行ったメンバーが、空港のに預けた(有料)バイクケースの中にダンボールを詰め込ませてもらって、チューリッヒ市内に移動します。

day0_05


■チューリッヒ市内をウロウロ

市内のホテルに一旦チェックインして、自転車を組み立て、持参したポンプでタイヤに空気を入れ、異常がないか少し走って確認します。

day0_06

幸いホテルのすぐ近くにバイクショップがあったので、足りないタイヤの空気圧を充填。

day0_07

これまでのスイス訪問では、チューリッヒに滞在したことはなかったので、街を少し走ってみることにしました。

day0_08

時刻はすでに18時を過ぎていましたが、夏のヨーロッパは陽が落ちるのが遅いので、夜遅くまで活動できます。

リマト川
リマト川

リマト川です。右岸には大聖堂があったりしてチューリッヒの観光名所です。

クレーンのモニュメント
クレーンのモニュメント

週末のリマト川には、たくさんの市民が暮れゆく一日を楽しんでいました。

day0_11

day0_12

我々も軽い夕食をすませホテルに戻ることにしました。

もう9時
もう9時
スイス国鉄(SBB)のチューリッヒ駅
スイス国鉄(SBB)のチューリッヒ駅

ホテルに戻る前に、お水を購入。夜に飲む分と翌朝ボトルに詰める分です。スイスはお水が高いので、ホテルや駅の売店で買うと、500mlのペットボトルが3.5〜5スイスフラン(400〜600円)もすることがあります。これでは破産してしまうので、スーパーマーケットが開いている時間になるべく買うようにしていました。スーパーでは、2リットルのペットボトルを1.5スイスフランで買うことができます。このお水を買うという作業は、スイス滞在中に毎日行っていました。

駅の売店
駅の売店

翌日は、いよいよスイス・アルペンパノラマルートへ旅の出発。みんな大人しく就寝しました。

「スイス・アルペンパノラマルートを行く(5)チューリッヒで準備」への2件のフィードバック

  1. 自転車を空輸する場合に予約が必要とのことですが、
    予約方法教えてください。

  2. 渡辺さん

    予約が必要か否か、予約の方法などは航空会社によって異なるようです。
    ちなみにスイスエアーは予約が必要でした。
    料金などはこちらからご確認ください。https://www.swiss.com/jp/JA/prepare/baggage/special-baggage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です