Bianchi S9 MATTAインプレッション


新しい相棒であるBianchi S9 MATTAで、土日に194km走ってみました。。






仕様

このバイクのスペックは以下の通り。

フレーム:Bianchi S9 MATTA
ハンドル:FSA K-Forceライト 
ステム:DEDA ZERO100
シフトレバー:Campagnolo RECORD ウルトラシフト 11S エルゴパワー
クランクセット:Campagnolo RECORD 11S
カセットスプロケット:Campagnolo SUPER RECORD 11S 12-29T
リアディレーラー:Campagnolo RECORD 11S
フロントディレーラー:Campagnolo RECORD 11S
ブレーキ:Campagnolo CHORUS
ボトムブラケット:Campagnolo SUPER RECORD
ホイール:CAMPAGNOLO EURUS TWO-WAY-FIT
シートピラー:DEDA スーパーゼロ
サドル:フィジーク ARIONE K:ium

Campagno Record 11S

インプレッション

土曜日は尾根幹〜津久井湖118.6km。日曜は多摩湖往復75.6km走ってみました。本記事はそのインプレッション。

多摩市

津久井湖畔

まず、チタンの乗り心地。これまでフルカーボンの入門機に乗っていましたが、そのカーボンと変わらない振動吸収性がありました。道路の段差などを越えるときにあまり強い衝撃がない。また加速時は、ペダルを踏み込むとシャキっと反応する感じがします。

Campagnolo Super Record 11S 12-29T

次に重量。フレームの重量はわかりませんが、コンポーネントのグレードが高いこともあって全体としては非常に軽いです。ペダルなし、タイヤなしで計測したところ6.8kgでした。たぶんいままで乗っていたカーボンバイクよりも軽いと思う(汗

カーボンフォーク

コンポーネント

前オーナーがヒルクライマーだったこともあり、各パーツがすべて軽量。なので、走り出しも軽いし、上りも軽い。こんなに違うものなんだなと驚くと同時に、いままでこんな軽量バイクに乗っていた人に嫉妬を覚えましたw ただ、変速の性能はshimano105の方が上かなぁ。105はスパスパ変速してカチッと決まるけど、カンパはいまいち。。。もしかしたら調整が足りないのかも。

ユーラス2012

ホイールはCAMPAGNOLO EURUS TWO-WAY-FITをチョイス。かっちりと固いホイールです。高速で巡航するとレールの上を走ってるように車体がピタっとまっすぐ進む感じがします。チューブレスタイヤとの相まって乗り心地は素直で気持ちよいです。

多摩湖畔

しばらくは、よい相棒になってくれそうです。Bianchi S9 MATTA。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です