【ファーストインプレッション編】小径車・ロードバイクでSONYアクションカムHDR-AS300を使ってみた!

ソニーのアクションカムHDR-AS300を自転車で使ってみました。本記事は小径車BD-1で使用した際のファーストインプレッションを掲載しています。本記事はファーストインプレッション編として自転車通勤の映像を公開しています。





購入理由

2014年にスイスをサイクリングした時に使用したGoPro Hero2の映像があまりにも手ブレがひどく、大半が使用できなかったため、次にスイスを走る時は手ブレ補正機能がついたアクションカメラがほしかったから。

下の映像が、手ブレが酷い例。スイスのグロースシャイデックからマイリンゲンまでの17kmダウンヒルした映像をGoPro Hero2で撮影している。


数あるアクションカメラの中からSONYのアクションカムを選んだ理由

それは、圧倒的にブレに強いから。とにかく手ブレしないカメラが欲しかったのです。。体的な性能は、ソニーのサイトに記載されている。

「空間光学ブレ補正」搭載

カメラ本体が動いても、レンズとセンサーを一体として光学ユニットを空間に浮かせる、ソニーのハンディカムに搭載されている「空間光学手ブレ補正」。この独自の技術をアクションカム用に超小型サイズで新規に開発して搭載しました。また、補正能力をアクションカム用にチューニングすることで、従来よりブレない安定した記録を実現。自転車やドライブなど、ブレが発生するシーンでもブレを抑えて安定した映像が撮影できます。この圧倒的なブレ補正機能は、ハイスピード撮影中の作動も可能です。





スペック

スペックもソニーのサイトに記載されている情報を転記。

 HDR-AS300
メーカーソニー
画素数約857万画素
静止画画素数最大約1200万画素
F値F2.8
焦点距離(35mm換算)ワイド 17mm、ミディアム 23mm、ナロー 32mm
ブレ補正機能光学式(空間光学方式)
最短撮影距離50cm
重量約109g
重量約109g
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
連続撮影時間約135分
価格39,880円


ファーストインプレッション

購入後に自転車通勤の映像を撮影してみた。使用した自転車は小径車BD-1。

ファーストインプレッションは以下のとおり。

良かった点:
・空間光学ブレ補正によるブレの無いなめらかな映像
・ステレオマイクによる臨場感ある音質

良くなかった点:
・風音低減機能をONにしても風切り音を拾う

風切り音の対策をする必要がありそうです(続く)


ソニー ハンドルバーマウント VCT-HM2 C SYH
created by Rinker

Velbon 三脚アクセサリー QRA-4 クイックシューセット
created by Rinker



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です