旅するじてんしゃ BIKE FRIDAY New World Tourist (3)パーツ組付け


久しく小径車から興味が離れていましたが、自分好みの旅するじてんしゃを作りたいと思いバイクフライデーのニューワールドツーリスト(NWT)を入手しました。本ページ(3)は、パーツの組み付けを記載します。





クランク・ディレイラー組み付け

基本的なメカはカンパニョーロで組み付けていきます。クランクはコーラスの50-34T、リアディレイラーはフロントがスーパーレコード、リアがレコード。

クランクはCampagnolo Chorus 11s

パーツは手元に余ったものを使用。年代もグレードもバラバラ。

フロントディレイラーの重量は635g
リアディレイラーはCampagnolo Record 11s

エルゴレバー組み付け

エルゴレバーはレコードを組み付けます。ケーブルは一部カンパニョーロ社外品を使用したため加工が必要でした。

左が社外品、右がカンパ純正

上図のように、シフトケーブルのタイコの形が社外品と純正とで違うため、エルゴレバー側にうまく収まりません。ヤスリで削って同じ形にします。

左が社外品、右がカンパ純正

無事、収まりました。

社外品のケーブルですが、加工をしたら使用できた

ブレーキ組み付け

BikefridayのNWTはミニVブレーキ仕様。AmazonでTRPのCX8.4を購入して取り付けます。

TRP CX8.4 Alloy Mini V-Brake Calipers Set, Front and Rear, Black

ケーブル取り回し

Bikefridayは折り畳み自転車なので、ケーブルの取り回しがロードバイクに比べて特殊です。今回は、ehicleさんのアドバイスのもと自分で取り回してみました。

まず、アウター受けはehicleさんで購入。Bikefridayのフレーム合わせて加工がしてあります。

ehicle特製 アウター受け

後輪のブレーキケーブルはカンパ純正品だと短いので、長いものを購入。BBBのブレーキワイヤーは、2,350ミリあります。テフロン加工されているので引きも軽いはず。前輪のブレーキワイヤーはカンパ純正品を使用。こちらは、アウターの中にテフロンのスプレーをして使用。

手前がテフロン加工されたBBBのブレーキワイヤーBCB-20C

アウターケーブルは切り口をヤスリで平らに削ります。平にすることでアウターケーブルへの負担が減ります。

アウターケーブルの切り口は平らに

チェーン装着

チェーンはレコードの新品を購入。カンパのチェーンはカンパ専用のチェーンツールでカット&コネクトします。しかし、自分が所有しているものはSuper BのYD0345という社外品。Super Bは価格が抑えめなので気楽に購入できますが、コネクトピンをちゃんと刺してくれません。今回も3〜4本追ってしまいました。1本1000円近くするというのに。。。

Super Bのチェーンツール
一気にいかないとダメ
ここからツールを使って押し込むが、、、

仕上がり

組付けで一番時間がかかったのは、ケーブルの取り回しでした。足りないものがある度にehicleさんに足を運んだ時間がも入れてですが(笑)

ステアリング周り
フロントミニVブレーキ
フロントディレイラーとチェーンリング
リアのミニVブレーキとケーブルの取り回し

リアブレーキへのケーブルの回し方は、後に間違えていることが判明しやり直しました。

リアメカ類

次回は、406サイズのチューブレスタイヤ装着です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です