ハンス・ホールベックにソーセージを食べに行く 90km


hans_11

茨城県にあるデリカテッセン「ハンス・ホールベック」に、ソーセージを食べに行ってきました。

2月1日、オフシーズンのLSD練ということで、仲間5人と本格ドイツソーセージが食べられるお店を目指して、極寒の天気の中を90km走ってきました。


午前8時に渋谷橋を出発。途中で仲間と合流し、集合場所の「寅さん公園」に向かいます。10時、集合場所に到着し、この日、茨城を目指すメンバーが揃う。
hans_01
微妙にお腹が空いているのと、この先のサイクリングロードには補給ポイントがないので、食べ物を調達することになり、柴又帝釈天の参道をうろちょろ。


hans_04

草だんごやおせんべいなどを食べ歩いて時間を浪費します。先は長いのに大丈夫か。。。


hans_05

この日は、仲間のひとりが新機材をお披露目したので、暫し青空の下で自転車談義。チタンバイクにパイオニアのペダリングモニターに盛り上がり結局出発できたのは10時30分。


Pioneer CYCLOCOMPUTER SGX-CA900
Pioneer CYCLOCOMPUTER SGX-CA900

SHIMANO DURA-ACE9000 + PEDALING MONITOR SENSOR SGY-PM900H79
SHIMANO DURA-ACE9000 + Pioneer PEDALING MONITOR SENSOR SGY-PM900H79

コースはこんな感じで、寅さん公園からは、ほとんどサイクリングロードを走りました。


空気は冷たかったのですが、晴れあがった空と、風が少ないサイクリングロードは、自転車天国。おしゃべりを楽しみながら、のんびりと走りました。


hans_06

途中、パイオニアのペダリングセンサーがどうしても気になり、試乗させていただきました。このパイオニアが製造するサイクルコンピューターとセンサーは、両方合わせると23諭吉にもなる高級品なのです。使った感じはどうなのかというと、「おもしろい!」に尽きます。

基本的にはロードレーサーが、レースに勝つために効率的なペダリングを身につけるために開発された製品なので、自分には用の無いものですが、サイクルコンピューターの液晶画面に映し出されるモニター結果が精巧すぎて、見ていて気持ちいいんです。パイオニアのものづくりのこだわりを感じました。ちなみにモニターに表示されている赤い線は、私の「効率的でないペダリング」を表しています(笑


hans_07

さて、江戸川沿いのサイクリングロードを北上した一行は、一度一般道に出て、流山市から柏市に入ります。すると、まもなく現れるのが、手賀沼。ここにでも快適なサイクリングロードを走ります。


hans_08

午後1時半を過ぎ、手賀沼の東端で折り返すと、今度は進路を西に変えて利根川に沿って走ります。遅い時間にランチをとることを想定してスケジューリングした行程ですが、出発でロスした時間があったのと、みんなのお腹が意外と空っぽらしいと、わかったので、予定していたルートを変更して目的地までショートカットすることにしました。

さぁ、目的地まであと5〜6kmだ。ソーセージが食べられるぞ♪、と思いながら緩い上り坂を上っていると、突然、後ろを走っていた女性から「もっと速く走りませんか?」という提案を受けました。えっ?速く?と躊躇しましたが、ここで、引き下がっては男がなんとか、なので頑張ってひかせてもらいました。いったい、何を思ったのか彼女に聞いてみたところ「燃え尽きたかった」とのことでした。漢ですな(^^;


hans_09

午後2時40分、無事、ハンス・ホールベックに到着。

hans_10

美味しいソーセージを堪能できました♪

hans_13

お土産も!

hans_12

走行距離:90.9km 獲得標高:222m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です