スイス・アルペンパノラマルートを行く(2)装備一式


2014年6月、スイスを自転車で旅行します。「スイス・アルペンパノラマルートを行く」では、その準備から旅行記を掲載します。第二回目はスイスに持っていく装備の話。

今回私は、スイスでの荷物の移動をすべて自分で運ぶことにした。ゆえに、荷物をできるだけコンパクトに軽量にしなければならない。

スイスでの、わずか10日間の生活ではあるが、快適に過ごしたい。でも、重い荷物を持って峠を上りたくない。この相反することを解決するために、ひとつひとつの装備を吟味してみました。

モンベル・シャイデック
モンベル・シャイデック


■自転車の装備

今回スイスを走るのはこのシャイデック号。モンベル公式サイトでは、Sサイズで8.35kgとなっています。ホイールとスプロケットをDURAACEに換装して671g軽量化。車体重量は約7.7kgぐらいになった。

WH-7850(ー550g)
WH-7850(ー550g)
CS-7900  12-28 ー121g
CS-7900 12-28 ー121g

フロントバッグは、モンベル。ここにはカメラや電子機器を入れます。

モンベル フロントバッグ(211g)
モンベル フロントバッグ(211g)

リアには、コントアーマックスツーリング。こちらには、衣類や雨具を入れます。

コントアーマックスツーリング
コントアーマックスツーリング

■衣類

今回の旅行は6月のスイス。天気が良ければ暑いだろうし、雨の時や山の上は寒いだろう。基本はレイヤードスタイルにした。常用するのは、モンベルの長袖ジャージとビブタイツはGOREの3/4のウインドストッパー。これにいろんなパーツを着重ねていく感じ。

goswiss2_01

その他に持っていく衣類はこれだけ。余分な着替えは持って行かないで、毎日洗濯することにしました。

goswiss2_09

クリックで拡大します
クリックで拡大します

衣類は濡れたら困るので、防水袋に入れてコントアーマックスに格納。バッグの総重量は3.05kg。

コントアーマックス(左)、防水袋(右)
コントアーマックス(左)、防水袋(右)

■その他

電子機器や補修パーツ、工具はこんな感じ。これらをフロントバッグにいれます。バッグの総重量は1.55kg。

電子機器 補修パーツ  工具
電子機器 補修パーツ 工具

あとは、ライトやポンプ、GPS機器、輪行袋、ボトル。荷物の総重量は全部で5kgぐらいかなぁ(汗

ライト ポンプ GPS機器 輪行袋 ボトル
ライト ポンプ GPS機器 輪行袋 ボトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です