masaさんプレゼンツ・西伊豆スカイラインオフ2011

ほんとうならここにドーーンのはず。。

毎年、11月の終わりから12月のはじめの、この時期に行われるmasaさんの「西伊豆スカイラインオフ」。僕は2009年から参加していて今年で3回目。去年は素晴らしい絶景でしたが今年はどうだったでしょうか?(走れ!銀座まで BD-1で自転車通勤より転載)

最下部にムービーもあるので、ぜひご覧ください。

今年の参加者は、karzさん、ikedaくん、モリさん、masaさん、2neさん、noriさん、よこやさん、Akiくん、信ちゃん、うめさん、そして僕の11名。

函南駅集合

集合は、東海道線の函南駅に8時半。ブリーフィングをすませ9時前に出発。

この日のコースは函南駅~修善寺温泉~達磨山レストハウス~西伊豆スカイライン(戸田峠~達磨山~伽藍山(がらんさん)~土肥峠~風早峠~仁科峠往復~風早峠)~ 湯ヶ島温泉~矢熊峠~冷川峠~伊東。
走行距離は100km足らずですが獲得標高が2000mを越えるハードな行程です。

狩野川サイクリングロード

まずは狩野川のサイクリングロードをのんびりと走りながら、景色や会話を楽しみます。
日の出からしばらくは凍えるほど寒かったのですが、太陽が姿を現すと序々に暖かくなりました。

南に向かって走る
ほんとうならここにドーーンのはず。。

狩野川に沿って走り修善寺に着くと、いよいよ上りの始まりです。
最初はなぜか僕が先頭でした。そのまま達磨山レストランまで牽いていけるかな?と思いましたが
1km手前ぐらいで力尽き、抜かれてしまいましたw

上り始め。序盤

達磨山レストランに着くと、展望台から景色が広がっています。
しかし、残念ながらお目当ての富士山は雲の中。一瞬、雲間から頂上だけ顔を出しましたがすぐにまた隠れてしまいました。

達磨山レストラン前から駿河湾を望む

達磨山レストランを出発し、戸田峠を左折していよいよ本格的な登坂の開始です。


ここからはマイペースで行きます。しばらく走ると左手に伊豆半島の付け根と駿河湾が見えるポイントに到着(動画トップの映像)。さらに進むと富士山と駿河湾がパノラマに広がる絶景ポイントに到着。しかし、ここでも富士山は雲の中。。

2011年は富士山は姿を見せなかった。。。

伽藍山の尾根伝いに続く西伊豆スカイラインを走ります。
右に左にワインディングしながらアップダウンする道が、遥か先まで続く天上の道です。

風早峠から駿河湾を望む

土肥峠、風早峠をクリアし仁科峠へと高度を上げていきます。

仁科峠から駿河湾を望む

仁科峠からは西伊豆に広がる山々と駿河湾が、雲の隙間から差し込む陽光に照らされて絶妙なコントラストになっていました。これも絶景ですね。

矢熊峠への上り

さて、仁科峠を最後に上りは終わり一旦ダウンヒルして高度を下げ湯ヶ島温泉へと向かいます。コンビニでランチです。みんな身体が冷えたのか、暖かいおでんやカップヌードルを食べました。

ランチ後は、当然デザートが待ってますw
2kmで300mアップする平均勾配15パーセントの矢熊峠を上ります。

さらにその後、冷川峠を上って伊東に抜けます。

最後に富士山

最後の最後に富士山が顔を出しました。めでたしめでたし♪
masaさん企画の恒例「西伊豆スカイラインオフ」でした。
今週末も西伊豆スカイラインを走ります。今度はFさん主催の「金目鯛煮付けツアー」です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。