ルート作成の新スタンダード!?【Ride with GPS】作成したルートをスマートフォンからガーミン530へ転送


ロードバイクやシクロクロス、MTBでサイクリングする時にあると便利なサービス、Ride with GPS。事前に作成したルートを、スマートフォンを使ってガーミンへ転送する便利な方法をご紹介します。




スマートフォン側の準備

スマートフォンに「Connect IQ」のアプリをインストールします。※スマートフォンはAndroid OSのものを使用しています。

「Connect IQ」アプリを立ち上げ、「ride with gps(以下rwgps)」のConnect IQアプリを検索します。検索結果に現れたConnect IQアプリをダウンロードします(下図)。




スマートフォンとアプリの接続

スマートフォン側に「Connect IQ」アプリをインストールし準備ができたら、次はスマートフォンとEdge530をBluetoothで接続します。

スマートフォンの操作でGarmin530と接続が出来たら、Connect IQアプリを展開します(下図)。

次にrwgpsのConnect IQアプリをEdge530に転送します。スマートフォンとEdge530が接続された状態にすると次の画面になります。「ダウンロードキュー ride with gps」と表示されます。

しばらくすると、アプリが自動で転送され次の画面になり、転送が完了したことが確認できます(下図)。




rwgpsアカウントとrwgpsアプリの接続認証

rwgpsアプリの転送が終わると、rwgpsアカウントとEdge530の接続認証となります。Edge530側には、次の案内が表示されます。「あなたのアカウントとこのデバイスをペアリングするために、rwgps.com/iqへ行ってください。デバイスコード:0X00XX」

スマートフォンのブラウザで「rwgps.com/iq」へアクセスします。

URLにアクセスすると、次の画面になりますので6桁の認証コードを入力します(下図)。

ペアリングに成功すると端末を認証するか聞かれますので「comfirm」をタップします。

rwgpsのアカウントとedge530がペアリングされました(下図)。




rwgpsで作成したルートをedge530に転送する

いよいよ、スマートフォンからデバイスにルートを転送します。
Menuから、Connect IQ > Ride With GPSと選択していくと次の画面になります。

「最近作成したコース」または「ピンをつけたコース」のどちらかからルートを選択します。

「ダウンロード&ライド」か「ダウンロード」のどちらかを選択します。すぐにライドを開始しないなら「ダウンロード」を選択します。

ルートを読み込んでいます。

ルートの転送が完了しました。デバイスが英語版なので、rwgps側で漢字のタイトルになっているルートは表示されません。表示されるのは英字と数字とハイフン、アンダーバーのみのようです。

マップも見やすいです!

実際に使ったインプレは次回。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください