スバルラインを走る!仮想富士ヒルクライム練・オフ

県立富士北麓駐車場

土曜はすばるライン。日曜はあざみラインを上るという無謀なオフ会に参加してきました(2012/05/26)

土曜のすばるラインを上るオフは自分が幹事。翌週に行われる「富士ヒルクライムレース」の仮想体験です。まずは都心から電車を乗り継いで富士山駅へ輪行。

富士急大月線の車窓から見えるベスト富士山

富士山すばるラインは、斜度が緩くて新緑が綺麗で、この時期は走るには最適、という情報を
聞きつけSNS「なにしてあそぼ」にイベントとして上げてみた。
そして、集まったのは、13名の自転車乗り(うちひとりはオートバイでサポート)。

県立富士北麓駐車場

イベントの概要はこんな感じ。

仮想富士ヒルクライム練

開催日:5/26
スタート:富士北麓公園10時
フィニッシュ:富士山五合目
距離 :24km 
標高差:1,270m
勾配:平均5.2%、最大7.8%

スタート地点までまっすぐのぼる

県立富士北麓駐車場で輪になってお互い自己紹介し、てつにぃからコースについてのブリーフィングをしてもらい、スタート位置である有料道路の料金所に向かいます。

べんべさんはサポート隊

午前10時45分。女性陣から順番にスタートします。

林檎さん
熊本さま
男性陣

午前11時、男性陣もノロノロとスタート。

のぼります

平均の勾配が5.2%と緩いのぼりのコースですが、出だしが7〜8%とちょっときつい。

のぼります!

集団はすぐにバラけ、ひとり一人孤独にのぼります。24kmといったらヤビツ峠の倍の距離。とても長いです。

タイムトライアルで追い込んでいれば、集中力も続くでしょうが
何となくだらだらと漕いでいたので途中で飽きてしまいそうになります。

のぼります!!

途中でてつにぃに追いつき、その後ゴールまでご一緒させてもらいました。
やはり話す相手がいると、ヒルクライムは楽しい!

肩のケガを療養中のてつにぃ
大沢駐車場では、オートバイで伴走してくれていたべんべさんが待っていてくれました。 ここで給水と休憩ですw 

しばし、まったりとしてるとmasaさんが上がってきた。
masaさん、僕より後ろを走るようではだいぶ鈍ってますねw

滝汗のmasaさん

大沢駐車場を再び出発し、2〜3km平坦なところを走って
ちょっときつい勾配の直登を過ぎるとゴールの五合目に到着しました。

富士山五合目 2,305m

タイムトライアルしたわけではないのですが、みんな、それぞれのタイムを確認し合ったりしてその後、メロンパンを頬張りました。
僕は1時間42分。はじめてにしては上出来かな。

タイマージャンプで記念撮影

林檎さんが3時間かけて上り切ったのには感心しました。
ほとんどヒルクライムの経験がないのに、よくぞ1300m上ったものです。
伴走したシルキーさんにも拍手!

富士山五合目から

遅めのランチを五合目にある食堂でいただき暖まった身体でダウンヒルです。
ところどころ停車して撮影していたら、皆さんをだいぶお待てせしてしまいました。

帰る頃晴れてきた

スタート地点に戻って、記念撮影していざ帰ろう、というときに事件発生。
みんなの荷物が入った車のキーがないというw
五合目に置いてきた?もう一回上って取りに行く?
とか冗談言ってたら、サドルバッグから出てきました。masaさんw

キーがない事件
第二ステージであるあざみラインに移動します。 籠坂峠を越えて

翌朝のご来光を富士山五合目から拝むために、一旦体を休めます。

温泉入ってビール@天恵

午後8時に就寝。第二ステージのスタート時間は午前2時。
温泉に入ったとはいえ、脚にはたっぷりと疲労感が残っていました。

8時就寝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です