喜八堂でお茶する予定が江戸川の向かい風に負けて竹林カフェでお茶した冬のグループライド

都内の1日の新型コロナウイルス感染者数が2ケタ前半になってきた2021年の12月に、何人かに声をかけて久しぶりにグループライドを楽しんだ(2021/12/18)

そもそも「江戸川を走って喜八堂でお茶するライド」として仲間に声をかけたイベントだったが、「上州のからっ風」に行く先を阻まれ、目的地を変更して「江戸川を走って竹林カフェでお茶するライド」というイベントになった。


第1集合場所は原宿駅

8時15分に原宿駅横の五輪橋に集合して出発。第2集合場所の江戸川・柴又公園(葛飾柴又寅さん記念館)を目指す。

新しくなった原宿駅

スッキリと晴れた土曜の朝の都心を走り、江戸川を目指す。ビルに囲まれた都心の道路には、まだ強い風など吹いていなかった。

外堀通り 水道橋駅を過ぎた後の上り坂

9時25分、東京スカイツリーに到着。江戸川までは後少しだが、集合時間の10時には間に合いそうもないので、柴又公園に集合するメンバーに遅延する旨連絡。

東京スカイツリータウン

隅田川、荒川、中川と3つの川をまたいで東京都と千葉県の境を流れる江戸川へ。建物が徐々に減ってくると風を感じ始める。


強風吹き荒れる江戸川サイクリングロード

10時30分、第2集合場所の柴又公園に到着。江戸川には強風が吹いていた。そんな中、お待たせしたメンバーに侘びつつ集合写真をパシャリ(でっちーさん撮影)。

久しぶりのグループライド

この日は、私を含めてシクロクロス車が3台。あとの6台はロードバイク。

柴又公園のバイクラック

強風で視界良好な柴又公園からは、富士山がくっきりと見えた。

又公園からの富士山

いざ喜八堂へ

喜八堂に向かうため、江戸川サイクリングロードを真北に上がっていく。しかし、強風が一瞬も止まないので前に進まない。まるでヒルクライムをしているようにペダルが重い。

まっすぐ北へ

この強い風は、冬の荒川サイクリングロードや江戸川サイクリングロードでは名物となっている「上州のからっ風」だ。

上州のからっ風が見えるようだ

約1時間半、猛烈な向かい風の中を走った。

ちょうど正午に「尼谷の渡し跡」あたりで一旦休止した一行は、目的地に関する会議を行う。

「このまま向かい風のなか喜八堂まで頑張って走るより、手前にある竹林カフェでお茶にしたらどうか」


目的地を竹林カフェに変更

決はすぐに取れ、一同、竹林カフェに向かう。

作戦会議

12時40分、竹林カフェに到着。向かい風に体温を奪われた身体は冷え切っていた。

竹林カフェ

「竹林カフェ」は野田橋から幸手方面へ進んだ築比地と言う処にある。お店の前は道路を整備中のためクルマは通行止め。

サイクリングロードに面したテラス席

暖かい陽だまりのなか、しばし休憩。ここはコーヒーとシフォンケーキの他におにぎりなどもいただける。

コーヒーとシフォンケーキ

金町に戻って暖をとる

休憩後は、来た道を戻り金町へ。復路は期待を裏切らずに猛烈な追い風。往路の苦労は何だったの?という感じ。

復路は猛烈な追い風

15時すぎに金町まで戻ってきた。途中で離脱したメンバーもいたが、残りのメンバーで久しぶりに酒を酌み交わす。もちろん帰り道は電車で輪行。

コロナ渦にあって人を集めたグループライドというのは、感染を拡大してしまう恐れもあるので自粛していたが、感染者数が落ち着いてきた2021年12月に久しぶりに行なった。

とても楽しめた反面、この楽しさは(病気などが流行しない)平穏な世の中であるからこそなんだ、と実感。

このライドの後、2022年になると日本は新型コロナウイルス感染症 「第6波」に突入した。この記事を書いている現在は、1日の感染者数が毎日1万人を超えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。