シクロクロスバイク組み付け(3)フロントディレイラー


ebayで落としたシクロクロスのフレームにパーツを取り付けます。(3)はフロントディレイラー。






クランプ取り付け

実はこのフロントディレイラーの取り付けには、時間がかかったのです。ネットで購入したパーツがフレームサイズに合わなかったためです。

最初に取り寄せたのは、Campagnolo Chorus 11 Speed Band-On Front Derailleur。フレームに取り付けるバンドの径が35mmあります。ところがIndependent Fabrication Planet Xのシートチューブの径は28.5mm。そう、ブカブカなのですw 

Campagnolo Chorus 11 Speed Band-On Front Derailleur

新たに、シートチューブ径28.6mmに合うものを探すわけですがChorusのバンドオンタイプには32mmまでしかない。ということでクランプを探してBraze-OnタイプのFディレイラーを取り付けることにしました。

ところが、ここでもオーダーミスをして31.8mm径のクランプを購入してしまいます。しかたなく、28.6mmのスペーサーをさらに購入してクランプの内側に挟むことにしました。

ややこしいのでまとめると。。。Braze-Onタイプのディレイラー+31.8mmのクランプ+28.6mmのスペーサーということですねw

31.8mmのクランプ+28.6mmのスペーサー

ディレイラー取り付け

こうして、ようやくフレームにFディレイラーが装着されました。

取り付け位置は、ディレイラーについているシールの指示に従う

ワイヤーの調整は、さほど難しくありません。強い力を掛けてワイヤーをひっぱる必要もなく落ち着いて行えば正確に変速してくれます。あえて、注意ポイントを上げるとすれば、ディレイラーの向き。チェーンと並行になるように取り付けるといいと思います。

ガッチリくっついてます!

走れ銀座まで!BD-1で自転車通勤より転載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください