なめたネジはずしピットでステムをDEDAスーパーレジェロに換装

左:DEDAスーパーレジェーロ 右:3T ARX TEAM

LOOK586SLのステム(3T ARX TEAM)の位置をちょっと下げました。その時にステムを締め付ける力がかかり過ぎたのか、ボルトが途中で折れてステム本体に残ってしまいました。「なめたネジはずしピット」という工具を使ってボルトを除去して、DEDAスーパーレジェロに換装。





なめたネジはずしで折れたボルトを除去

左が取り出されたボルト残骸

折れたボルトがネジ穴に残ったままではままでは、3T ARX TEAMがゴミになってしまう。

用意したのは、「なめたネジはずしビット」。新潟県三条市にある兼古製作所製のAnexというブランドの工具だ。ドリル部とネジ部が両端についたビットと呼ばれるパーツが、大きさ違いで3つセットになっている。Amazonで購入した。

まず、ドリル部で折れたねじ山の断面に穴を開けます。

真ん中に空けます

次に、開いた穴にネジ部をゆっくり左回転させます。

右に回転させるとネジは永遠に取れません。

ネジが取れました。

ポロッと、取れる

以外に簡単に取れたので嬉しくなってしまいました。折れたネジがあったらもっと外したい!と思うパーツでした(笑


DEDAスーパーレジェロに換装

さて、3T ARX TEAMは再び使えることになったのですが、なぜか超軽量ステムであるDEDAスーパーレジェーロが我が家に届いた。なぜだろう(笑

左:DEDAスーパーレジェーロ 右:3T ARX TEAM

なんでも、100gを切っているという。INTERMAXのサイトを見てみると次のような記載があった。

Dedaのテクノロジーで誕生した軽量ステム。AL7050アルミニウムを3D鍛造することで、100g以下の重量を実現しています。80-120㎜(10㎜刻み)99g 


DEDAスーパーレジェーロ

実際に測ってみました。

おぉ、ホントだ。

LOOK586SLがさらに軽量なバイクに仕上がりました。

LOOK586に無事装着

「走れ!銀座まで! BD-1で自転車通勤」より転載

Deda – Superleggero RS ステム

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。